ハワイ島へ子連れ家族旅行2019②アクティビティー編

ちょい旅




Big Islandハワイ島でのアクティビティーを紹介します。

オアフ島に比べる催行されているツアーなども少なく感じるけど、よりダイナミックで、ハワイ島の大自然を存分に楽しめるようなものが多いです!

そのぶん、子連れには、参加できるアクティビティーがある程度限定されてる場合もあります。

マウナケア山頂ツアーなどは乳幼児どころか16歳以下が参加できない場合も

すばる展望台も16歳以下は入場することができません。

マウナケアはああ見えても、標高4205mという富士山よりも断然高い山なのです。

今回4歳の子連れでめいっぱい楽しめたツアーを紹介します。

ぜひ子連れ旅の参考にしてください。

ハワイ島でイルカシュノーケル体験「イルカ高等学校」

オアフ島でイルカシュノーケルを体験して、絶対またやりたいと思っていたアクティビティー

前回も数ある興行会社から、こちらの「名門イルカ大学」のプログラムを選びました。

イルカ大学では、リピート割引(20%OFF)がありますのでかなりお得に体験ができました。

こちらは、年齢制限もなく何歳からでも海に入れますし、海に入らない見学コースもあります。

前回1歳児連れだったので、最悪参加可能なところを選びました(参加はしませんでしたが)

今回は、4歳!もちろん参加しましたよ。泳ぐコースで!

ハワイ島のイルカシュノーケルはガチ泳ぎ

今回はリトライ(1回目にイルカに遭遇できずに再チェレンジ)組の参加があったことも大きく影響しているのかもしれませんが、まじでガチでした。

ガチ泳ぎ!

シュノーケル初心者や海や泳ぎに苦手意識がある人は結構ハード!

イルカ大学ではリトライは無料です。

絶対イルカと泳ぐ!という方は、滞在中前半にイルカシュノーケルの予定を組んでおきましょう。リトライ予定が組みやすいと思います。

運転手1名、ガイドさん(日本語)1名で17名のゲスト。

集合場所に到着すると、同意書にサインをして、シュノーケルセット、ゴーグルの使い方、フィンのサイズ合わせなどを行いました。

子ども用もありますが、シュノーケルセットは泣きました。

いつも使っているゴーグルを持参していたのでよかった!

子連れで行く場合は、慣れているものがあれば持参しましょう。

シュノーケル初セッティング中・・・泣きました笑

船でレッツゴー

今回、ホノコハウ港から出航しましたが、なんとイルカポイントまで50分ほど船に乗りました。

最短10分くらいで出会えるそうですが・・・

今回は時間ギリギリレベルの50分!

そしてめちゃくちゃ激しく揺れました

この飛沫・・・50分です。

特に、往路は波に向かっていたので、波を乗り上げ、波に打ち付けられというのを繰り返し、腰にもきました・・・

なんでしょう、ジェットコースター系が苦手な方は要注意

車酔い、船酔いが心配な人は酔い止め飲んでいた方が精神的にも安心かも。

酔い止めなら漁師愛用のニスキャップがおすすめですby看護師のわたし

オアフ島の船はほぼ揺れませんでしたので完全に舐めてました。

普段、乗り物酔いには縁遠い私も途中瞑想の世界に入りました(目をつぶり、精神統一・・・)

4歳児は「早すぎるよ〜〜涙」「戻ろうよ〜」と言い不機嫌モードになりながら、最終的には眠りの境地へ・・・

さすがです。

イルカは癒し

瞑想の世界の中・・・

ガイドさんの「そろそろ行きますよ」という声で目と脳が覚める

シュノーケルポイントにつくと、他の船もいました!

一気にアドレナリンが出て、はやる気持ち・・・

そして、水面にもイルカの群れが!

かわえええええええ。

ゴーグルつけて、フィンつけて若干焦りつつ海へGOGO

やはり、海と波とシュノーケル久々でやや慌てました・・・が、落ち着けば大丈夫

4歳児は泣く、船に帰ろうと泣いていましたが、もちろん帰れるはずもなく

ブイでも暴れ、大人の背中に乗って過ごしました

荒波の中の4歳児!頑張りました!

途中イルカがジャンプしたりしていたときは喜んでいましよ!

オアフ島よりも田舎の子たちで人懐こくおっとりしているというハワイ島のイルカさん

かなり近くまで泳ぎにきてくれて、本当に癒されました

可愛すぎる・・・

キューキューと鳴く声もよく聞こえる

私はGo proを抱えながら、必死に泳ぐ

ライフジャケットなしでもフィンがあるので普通にしていれば浮きます。

深めに潜りたいなと思いましたが、無理でした(笑)

イルカの群れが去って、次のイルカポイントへ

興奮しながら船に乗り込み、ほーっと一息する間も無く

ガイドさんの「すぐいきますよー!」

船の目の前にいるーーー

たくさんいるーーー!

少しばかり動画で紹介。

Go Proなので広角撮影で遠目に撮れています。

実際にはかなり近くで見ることができました!!

2回目のポイントはすごい波。

海にいても酔いそうなほど

でも、飛び込んだらすぐにイルカの群れで大興奮でした!!

直前でGo Pro買っててよかった・・・・

私はsilverを買ったけど、夜景取れなくて大後悔・・・涙

夜景撮りたい人、ハワイ島行く人は星空も取れるBlackを絶対におすすめします。

ドルフィンスイムはリピートアクティビティーNo.1

往復移動いれて3時間くらいの時間はあっという間でした。

帰りのスナックが疲れた身体に染み渡り最高においしかったー。

帰りの船は、4歳児も大興奮で、イルカさんかわいかったねー、赤ちゃんイルカいたねーとお話しておりました!

大人はぐったりモード笑

海で泳ぐのは体力持ってかれますよね。

でも、でも、また絶対行きたい。

なんなら帰りの船からまたやりたい気持ちで溢れていました。

ハワイに行ったら絶対にイルカシュノーケルおすすめします

イルカ大学のプログラムはいくつかあって、以下はオアフ島のプログラム。

ドルフィンスイム以外でも楽しめるイベントがありました。

オアフ島のプログラム比較表(イルカ大学公式サイトより抜粋)

ハワイ島イルカ高等学校(個人比)

・ハワイ島ではライフジャケットの着用義務がないので、潜水できる人はおすすめ!

・今回はドルフィンスイムのみ!イルカが早く見つけられると、シュノーケルもあるそうです。

・かなり近くまで寄ってきてくれた!

・写真サービスなどないので水中カメラあると良い

・写真サービスに限らず、過剰なサービスがなくて個人的には好き

イルカと泳いだあとはシーフトード料理「ハーバーハウス」

シュノーケルといっても、大海原の中を泳ぐので、思った以上に体力を消耗します。

シュノーケルが終了したあと、イルカ大学のガイドさんからおすすめされたレストラン「ハーバーハウス」さんへ行きました

その日に水揚げされた魚料理を食べることができます。

今回の旅行で一番お気に入りとなったレストラン。

ハンバーガー・フィッシュ&チップス・ポケ・フィッシュグリル・スープ

Today's FishはMarket price (時価)

この日はカジキ

日本のように恐ろしい値段がくるような意味はないので安心して注文してください。

日本語メニューもありますよ。

インスタ映えビール!泳ぎ疲れた体に沁みるぅー

お会計は上記の食べ物に、飲み物頼んで約73ドルでした!

ハワイの物価を考えると格安レストランで満足度高い!

ポキが最強においしいのは予測できたのですが(いや、まじでおいしいよ)

フィッシュアンドチップが史上最強においしかった!

カイルアコナの中心街から車で10分ちょっと、ぜひおすすめします

もう一回行こうかと真剣に思いました。

ハーバーハウス(Harbor House)

住所Honokohau Harbor, 74-425 Kealakehe Parkway #4, Kailua-Kona, Hawaii
TEL(808)3264166
アクセスカイルアコナ地区から車で10分/Uberで12ドルでした
駐車場有(無料)
営業時間11:00~18:30(日曜は~17:30)
定休日なし
休業日元日、イースター、7/4、感謝祭、クリスマス
クレジットカードDiners,Visa,JCB,Master,American Express,Other

イルカと泳ぐオプショナルツアー

今回は、リピート割引のことと、4歳でも海に入れるツアーということでイルカ高等学校へお世話になりましたが、ハワイ島のイルカツアーもたくさんあります!

バーベキューランチがついたプラン、穏やかで澄み渡ったケアラケクア湾シュノーケルもできるプラン、少人数貸切プランなどなど盛りだくさん!

いろいろ検索してみてくださいね。

現地ツアーは、日本からも予約が可能なVELTRAがおすすめです!

決済も完了できるので安心安全!(チップは別)

日本最大級の海外現地オプショナルツアー予約の専門サイト「VELTRA」さんは、ハワイ島のツアーが140ツアー、イルカシュノーケルツアーが7ツアーありました(2019.8月末調べ)

日本最大級の海外現地オプショナルツアー予約の専門サイト「VELTRA」

キラウエア火山を空から見る最安値!ヘリコプターツアー

ヘリコプターから火山がみたいという父親の強い希望がありました

しかし、ヘリコプターのツアーはほとんどの場合500ドル超えます。

いくら旅行とはいえ、500ドルのツアーはさすがに・・・と日々検索魔と化していたときにみつけたツアー!

なんと390ドル!破格!

破格なのに!ヘリ時間も45分程あります。

ヒロの街散策やワイピオ渓谷観光も込み込みの盛りだくさんツアー!

あいらんど・どりーむずさん主催

私は、参加せずに両親だけ参加したのですが、ガイドさんも素晴らしく

念願のヘリも満足できたそうです。

両親の写真を紹介しておきます。

空からのハワイ島
火山口
流れる溶岩は見れなかったですが素晴らしい眺め
日本最大級の海外現地オプショナルツアー予約の専門サイト「VELTRA」

子連れ家族旅行ではチャーターツアーがおすすめ

家族旅行、特に乳幼児連れでは絶対にチャーターツアーをおすすめします。

いわゆる、貸切ツアー。

なんとなく高いんでしょう?と思う人もいるかもしれませんが

ツアー会社をしっかりと吟味することで、通常のオプショナルツアーに比べてもそこまで高くなく、むしろコスパは良い!

  • オリジナルツアーを組める為、リピーター、初訪問関係なく楽しめる
  • ごはんやお土産の見学などの強制がない
  • 子どものこと(泣く、オムツ交換、授乳など)で他人を気にしなくて良い
  • 自由度が高く、気楽に楽しめる!

様々なツアー会社を比較しましたが、今回お世話になったのがマナツアーズ

10時間715ドル(6名まで)という破格のマナツアーズさん

7名ですと10%増しとのこと。

事前にメールで希望のコースなどをやり取りました。

希望した内容は、ワイオピ渓谷、ビッグアイランドキャンディー、キラウエア火山、星空観察というハワイ島のツアー定番メニュー

12時から22時のプランです。

当日はフナツキさんという沖縄出身の日本人ガイドさんがきてくれました。

じゃあ、今日はどこに行こうかという感じだったので「メールでやりとりしてたのに・・・」とやや不安感を覚えながら・・・スタート

ちなみにメールでなんども4歳児と言っていたのに、「あれ?7歳じゃなかったっけ?」

さすが沖縄出身のハワイ勤務・・・ゆるい

ハワイでは7歳未満にチャイルドシートの義務付けがあるので、メールでもお伝えしていましたよ。

ツアー途中でチャイルドシートを取りに行き、無事にスタート

車の中で行程を相談しつつ今回は以下のようになりました。

ホテル出発→公園休憩→洞窟→滝→ヒロ街散策→ボルケーノワイナリー→キラウエア火山→星空

なんならややはみ出ていました・・・笑

キラウエア火山でピクニック

ガイドさんが、時間節約のためにもcafe100でロコモコとTo goしてキラウエア火山でピクニックスタイルで夕食にしましょうと提案してくれました

ヒロといえばロコモコ発祥の地cafe100

ロコの人たちも御用達

オーソドックスなロコモコなら5ドル以下!

ハワイに来て思ったことは、ハンバーグが最高にうまい

日本のように合挽きだったり、いろいろミックスしてないハワイ牛100%なのでめっちゃ肉肉しい

どこで食べてもハンバーグはおしかった

あとはプライドポテトもおいしい

冷凍のものが少ないそう

油っぽさや油臭さがなくてじゃがいもの風味が良くてついつい食べ過ぎてしまう麻薬的な感じでした

ピクニックへ来た場所・・・

世界の果てのような絶景・・・でした

言葉を失う絶景

テーブルと椅子があるのですが、たまたま誰もいなくて貸切状態

風は強くてロコモコどころか、自分が吹き飛ばされないようにするのも必死でしたが最高で最強な夕食になりました

もちろんロコモコもおいしかった・・・

最高か!

ボルケーノワイナリー

ハワイ島にきてはまった地元ワインのボルケーノワイン。

ぜひワイナリーに行きたいと急遽プランにいれてもらいました。

閉店ギリギリに到着!

なんと虹に遭遇!

ワインの試飲は有料のみでした。

10ドルで8種のワインかビンテージは20ドル2杯

8種類試飲リスト
小さめグラスで8種!満足度高い10ドルでした

滑り込みで突入しましたが、ゆっくりと試飲させていただきました。

6本のフルボトル購入して10%オフ

3ドルでクッション付き包装袋ありますのでお土産にGOOD

一番のお気にいりVolcano Red

ハワイ島のアクティビティー乳幼児連れOKの星空観察ツアー

本当にありきたりな言葉になってしまうのですが、最高に美しくて至福の時間でした。

想像以上・・・言葉にならない星空観察。

ハワイ島に来た人は、かならずプランに組み込みであろう星空観察。

体力に余裕があるはマウナケア山頂まで行くツアーもよいと思います。

今回は4歳児参加のため、山頂へは行くことはできずに、山麓付近での観察としました。

それでも、ガイドさんが2つの星空ポイントを案内してくれ、望遠鏡での星観察もすることができました

キラウエア火山でサンセット終盤にシルエット撮影
星空をバックにシルエット撮影
ガイドさんから提供してもらいました
同上。夜の虹。

ガイドのフナツキさんに感謝を込めて:すごいところ3

写真の技術

iPhoneの写真を駆使しながら、パノラマ写真を縦撮りしてみたり、映えるスポットを案内してくれたり

なんといっても星空撮影では、もうプロ並みの技術

星に詳しい

星座は把握しているし、星にまつわる知識も豊富、星空観察が数倍楽しめます

豊富な知識

ハワイ島ガイドのみにとどまらず、多岐にわたる豊富な知識で、移動中の車内でも養殖の話、IT情報の話、政治の話、グリーンカードの話、おいしいお店情報などなど楽しく過ごすことができました。

ハワイ島ではUberが便利

レンタカー必須と言われるハワイ島でレンタカーなしで過ごしました。

レンタカーを利用しなかったのは、海外の運転が心配(国際免許手続き、左ハンドル、車線反対、海外ルールなど)だから。

ましてや、普段運転慣れしれない人が大半の旅でしたので、高齢の両親に慣れない海外の運転をさせるなどという考えはありません。

徒歩やタクシーで無理ない範囲で旅をするということを大切にしました。

それでも、やはり空港ーホテル間移動、大型スーパー巡りなどで車移動が必要だった時に利用したので日本でもおなじみの「Uber」

日本のアプリでそのまま操作できますので、ぜひダウンロードしておきましょう。

私は、GoogleMAPから、現在地と行き先を設定してUberのアプリにつなげるようにして使っています(日本でも)

ただ、不慣れな土地では、待ち合わせ場所に難航しました。

車体とナンバーを手がかりに探しました。

別名「Big Island」と言われるように、広大なハワイ島

コンドミニアムなどに宿泊し、現地スーパーで買い物をして料理したり、自分たちのペースで過ごしたり、様々な街を散策する場合などはとても便利なレンタカー

ご自身の旅スタイルで利用を考えてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました