フリーランス看護師になった5つの理由

パラレルキャリア




私がフリーター看護師になったのは、約5年前です。

それまで、看護師としての働き方について、疑問を持つことはなかったです。

確かに仕事内容はきついけど、仕事はどんな仕事もキツイものだ

看護師なら、自分が頑張れば、就職や経済的に困ることはない

それなりにやりがいもあるし、嫌いじゃない

と、思いつつ働いていたように思います。

実際、仕事はきつくてもやりがいもあったし、人間関係もよかったです。

休日も旅行などの趣味やストレス発散の兼ねたショッピングを自由に楽しめていました。

そんな生活を捨ててまで選んだフリーター道についてお話しします。

病院の倒産

これがすべてのはじまりです。

正式には、病院部門の手放しにより、他施設への移管でした。(いわゆるM&A)

当時の福利厚生や給与からの大幅の減算だったので、即時辞めることは決めていました。

最終的に、残ったのは産休者、師長、主任だけだったと思います。

それくらい、条件が悪かったです。

残る(身売りされることも決まってた)かどうかの師長面接

退職金、確定拠出年金、社内の生命保険などお金関係整理などで経理と面接

退職は任意退職扱い

解雇だろうと訴えましたが、移管がきまっている以上、それに準じない人は任意退職だという結論でした。

未だに納得いきませんけど、当時は戦う意欲もなかったし、無知だったし

普通に働くし雇用保険も別にいらないでしょうみたいな安直な考えでした・・・

基本的に、個人は守られないんだなと痛感しました。

そのため、次の就活は非常に慎重になりました。

もう振り回されたくないという思いから、安定を求めていたと思います。

私だけではなく、他スタッフも同じでした。

大学病院や公立系などよりバックがしっかりしているところへ再就職という人が多かったです。

そして5年経った今も、みなさん勤続していますので素晴らしいですね。

しかし、その気持ちが私は安定的な病院への再就職という方向ではなく

色々な職場を経験してから、本当にやりたいことを探してみようという意欲になりました。

それまでは主に産婦人科領域に偏った職歴だったので、他科を知らないという漠然とした不安もありました。

助産師だけれでも、基本は看護職であるという気持ちが強かったので、いい機会だから、もう一度助産師を離れてみようとも思いました。

実は、助産師が嫌で、手術室に行ったこともあります・・・

基本、1ヶ所に留まることが苦手なのかも・・・

セネガルへの渡航

退職時期などが決定した後、長期で海外でもいこうかなと思い

セネガルに専門家として派遣されている友人のところなんかちょうどいいなと思って

「遊びに行くから泊めて〜」と連絡したところ

「給与は出せないけど渡航費は出せるから3ヶ月くらいプロジェクトを、手伝って!」

なにをー!ラッキーなことに!

詳細は何も知らず、フランス語も出来ない、英語は中学生レベルの私

が、もちろん、即答で受けました。

退職から1週間での出発でバタついてたことと、セネガル行きのワクワク感で

就職活動をする気になれなかった!

まじこれが一番大きい理由ですね・・・笑

大切にしたいことを再考

退職を決めた時に、自分からこれから大切にしたいことを考えました。

そのひとつが、家族との時間です。

病院で働く特質上、生と死を身近に感じていたので、あと何回、何時間、元気で家族と過ごせるのかなと考えると今まで以上に家族の時間を確保したいと思いました。

実家は九州。

移動で半日かかるので、最低でも3連休の確保をしなければなりません。

親戚が代表を務めるNPOのサポートも今まで以上にコミットしたいと思っていたので、最低1週間の休暇が必要でした。

それを1年に5〜6回となると、当然のように正社員採用は困難でした。

病院や施設を条件で絞っていたのも一要因だろうし

交渉技術があれば可能だったのかもしれないけど、当時はそんなスキルもなく

ただ派遣会社を通して条件を言っては、基本❌という返答にうんざり。

正社員は、諦めよう。正社員じゃなくても、なんとか暮らしていければいいやろう。

と、いう考えにシフトしていきました。

複数の自分を持つ心地良さ

前提として、ひとつの職場で長く働くことやスペシャリストを否定しているわけではありません。

むしろ、大尊敬しています。

フリーターをする時に意図的に全て別分野の仕事をしようと決めていました。

看護師というベースは同じだけれども、そのベクトルは全て異なる職場で働きました。

今日辛いことがあっても、明日は違う職場、違う仕事内容

強制的にリセットスタートできる働き方に魅力を感じています。

トリプルライセンスをフル稼働する野心

私は、看護師・保健師・助産師の3つの国家資格を持っています。

せっかくだから全免許を使い倒そう意気込みました。

ちょうど学生時代は3つのライセンスを同時取れるカリキュラムがあったので、同世代には多いかもしれません。

それでも、少数派だと思います。

トリプルライセンスを持ってても、すべての免許をフル稼働してる人はいないだろう!?って感じで

ちょっとした自己顕示欲を満たすためだったりもします。

現在のわたし

いろいろやりながらも、定職につかない心地よさや、複数の顔を持ちながら働くこと、様々な仕事をすることがめちゃくちゃく楽しくまだフリーター

フリーランスみたない、かっこいい感じじゃなくて、あくまで「フリーター」な自分

ぶっちゃけ、はたから見ると「社会不適合者」のよに思えるし、社会的信頼はない気もするけど

たくさんの人に支えられて、生きてる

やりたいことには全力で突っ込むけど、継続性がないのが悩みどころ

ここから数年は挑戦しながらも持続可能性を探っていくのが課題です

あとがき
フリーターになった経緯は色々なことが重なり合ってのことですが
そこそこで責任を持って仕事をしてきている自負があります
そして、これからもフリーター看護師を極めていきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました