フリーランス看護師が受けるべき3つの必須講習

キャリア




病院などの施設外で働くフリーターになり一番不安に思ったのは

看護師ひとりという状況でのアセスメントと判断が多かったことです。

これまでは、同じフロア内にすぐ相談できるスタッフ、医師がいました。

しかし、ツアー添乗やデイサービスなどでは医療専門職はひとりということは少なくなく

相談する相手もいないし、自分が指揮をとっていかなければいけない場面も多くあります

初期対応、添乗員や教員との連携や保護者への連絡、受診時の対応など

すごく不安でした。

なりより、自分の判断で対象者に不利益を起こすのではないかという恐怖が最も大きかったです

そんな私が、受講した役に立つ講習をご紹介します。

臨床看護師にもオススメですが

フリーター看護師、プレポスピタルで働く看護師には絶対オススメです。

フリーランス看護師基礎編BLSヘルスケアプロバイダーコース

病棟看護師は新人時代に受けるであろうBLS(Basic Life Support:一次救命処置)講習

私も遥か昔、受けました。

しかし、「できます!」と自信を持って言えるスキルはなかったです

BLSは医療従事者向けと市民向けの講習があり内容が異なります。

しかし、基本的には一般市民レベルで浸透すべき対応として位置付けられています。

学生のうちに取得している方も多いと思います。

まずは緊急時対応のために、最低限BLSは再受講しようと思いました。

さまざまな団体が講習会を行なっていますが、私はAHA(アメリカ心臓協会)認定コースを受講しました。

AHAを選んだのはメジャーであるとと、世界で通用するプロバイダーカードがもらえるという点でした。

たまたま、受講者が私ひとりのマンツーマンどころか、マンツーツーの贅沢講習でした。

朝9時から17時までひたすら胸骨圧迫をはじめとしはるシュミレーションで、手の皮はやぶけました。

まさに体力を使い果たした講習でした。

私の勤務状況に合わせた設定をしてくださり、至れり尽くせりの講習でした。

BLSは明確なアルゴリズムがあり、心停止の場合迷うことなく対応できる仕組みになっています。

 

フリーランス看護師だけでなく医療職以外にもオススメのMEDIC First Aid

BLSをうけたときにインストラクターさんに紹介してもらったMEDIC First Aidの「チャイルドケアプラス™・コース」

BLSは心停止したときに使うピンポイントな技術です。

しかし、皆様、実施に心停止を目撃したことありますか?

病棟の、特殊性もありますが、10年以上働いてきてCPRにあたったことがなかったわたし。

「じゃあ、心停止してないけど、状況悪そうな時ってどうすんの?」

それに応えてくれるの講習の一つだと思います。

IMG_1298.jpeg

 

講習対象者は、教員などの日常的に子どもに関わる職種が書かれていますが、プレホスピタルで働く看護師にもオススメです。

ツアー添乗をしていたわたしには必須だと思いました!

やけど、虫刺され、熱中症などなど、よくあるトラブル時の初期対応について学ぶことができます

また、応急手当とはなにか?という本質について、改めて問いただす機会となりました。

骨折したら副木を当てるじゃないですよ〜〜

また、ここで頂いたテキストが唯一無二で素晴らしいものです。

いまだに使っています。

フリーランス関係なく看護師全員にオススメのPEARS®プロバイダーコース

もうひとつ勧められたのがAHAのPEARS®プロバイダーコース

心停止予防と安定化の体系的評価を学ぶコースです。

BLS講習をうけたとき

医療施設内で起きる心停止の多くは防ぎ得たもの

いわゆる急変は8時間前には兆候があるため、ただの観察不足

上記のお言葉にハッとさせられました。

心停止に至る危険な徴候を見極め、早期介入を目指す新しいコンセプトの急変対応(心停止予防)であり、まさに看護師のための講習だと思います。

”ベテラン看護師の感”や”やばそう”という感じを、体系的に学び、介入へのステップとなるような学びができます。

PEARSを受けるにあたり、絶対に気にして欲しいが、シュミレーションがあるかどうか。

シュミレーションでチームダイナミクスやSBARの実践を行います。

withシミュレーション コース、Sim-PEARSとなっているコースを受けてください。

シュミレーションがあるのとないのでは、雲泥の差があります。

PEARSの良いところは、受講したすぐ次の勤務から使えることです。

どのように対象を見るのか、どのポイントでアセスメントしていくのかなど、学んだ内容がダイレクトに日々のケアに繋がります。

 

ご紹介した講習会は、どんな看護師の方にも絶対オススメです。
むしろ、新人時代に受けた方がいい講習ばかり。
私は全て看護師経験10年以上で受講しましたが、日々の看護に生きています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました