円形脱毛症・脱毛症闘病記-セカンドオピニオン-

看護




円形脱毛症だけなの?皮膚科への不信感

毎日髪の毛のことが気になる日々

若干抜け毛自体は減ったような気になるが、日々抜ける1本1本が辛い気持ちにさせる

妹からも髪の毛減ったよね

分け目変えたほうがいいいんじゃない

と指摘され

そんなつもりないんだろうけど

悲しいやらみじめやら複雑な気持ち

2週間ぶりに皮膚科受診。

ステロイド局注は基本4週に1回なので、冷却療法だけを行いました。

医師へ頭頂部の抜け毛が気になると話すと、500円玉くらいの脱毛斑があると指摘

「これで単発型から多発型になった。治療方法は変わりません。また2週後に注射しましょう」

もともと受診が多い皮膚科(オフィス街、駅近)なので、さくさく診療。

治療法がないのは承知だし、今回の診療にそんなに時間かけていられないのはわかるが、心が病んでいるので、なんだかやり切れなさと不満が残る

 

医師の事情や診療所の事情もわかる

でも患者になってみるとよくわかる

訴えを聞いてほしい、しっかり診てほしいという気持ち

私は、円形脱毛症だけとは思えない、日々の抜けっぷりを不安に思っているのだと。

 

その日に脱毛専門外来がある皮膚科を予約しました

検索魔と化しているので、すぐに思い当たる職場近くのクリニックを予約したのです

 

円形脱毛症・脱毛症闘病記ー発症から受診までー 
円形脱毛症・脱毛症の闘病記。抜け毛が気になり始めた時期から、受診までの経過について。ガイドラインに沿った治療を受けましょう。
円形脱毛症・脱毛症闘病記ーウィッグについてー
円形脱毛症・脱毛症の闘病記録。 ウィッグのことについて買いています。

円形脱毛症のセカンドオピニオン

こちらは保険診療は予約制なので、安心だと思いきや

私の場合採血などのもありましたが、終了まで90分を要しました。

しかし、医師の丁寧な診察と説明に非常に安心感を覚えました。

医療関係者ってことも関係あるのかな

(看護師であることをすでに伝え済み。時間短縮のため)

パンフレットを使用し、現在の状況、考えられる治療方針について説明がありました。

 

それぞれの治療法のメリットデメリット、副作用、保険か自費の有無

効果、その期間など丁寧すぎるくらいに丁寧でした。

 

私の場合はの診断

・多発性
・右側頭部は蛇行性(これは難治性)
・経過が急性なので、要血液検査(膠原病、甲状腺等の疾患チェック)
・円形脱毛症は繰り返しなることが多い
・自己免疫疾患のひとつのように考えられているが、毛髪のみを攻撃するため、全身症状がなく保険適用にならない治療も多い

私もガイドライン等を読んでいたのでおおよその内容は予想通りでした。

しかし、真摯に対応してくれた態度や丁寧な説明に信頼できると思いました。

採血をして、診察終了です。

お会計5100円

血液検査ありますからね。

次の受診時に、血液検査の結果をみて、治療方針を考えましょうとなりました。

ガイドラインに記載されていること、知っていることでも、しっかりと個人と向き合い丁寧な問診、診察、説明をすることが患者を非常に安心させる

という、当たり前のことを当事者になって改めて感じました。

帰省

セカンドピニオンの後は、たまたま予定していた1週間の帰省でした。

帰省の際に、円形脱毛症で髪が抜け続けていることを家族にも伝えました。

治療法がないのと、生命危機がないのであまり深刻な話にもならず。

ただ、実家でゴロゴロできて

仕事もないし、自由に過ごせて、ごはんも作ってもらえて

リラックスできたことは間違いありません。

鍼灸院受診

もともと腰痛で予約していた地元の鍼灸院を受診しました

鍼灸には即効性はないかもしれませんが信頼できる鍼灸医なので

円形脱毛症についても相談しました

が、、腰と臀筋群が悪すぎて・・・それメインに(笑)

先生曰く、円形脱毛症も鍼はきくよーと。

でも続けてケアしないといけないから、自分で爪楊枝で刺激して見なさいと

冗談と思うだろうけど、やって見なさいと。

 

円形脱毛症の免疫療法は、故意にかぶれを起させるものなのであながち嘘っぽくなく

リスクもさほどないので実践しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました