鉄道博物館(てっぱく)を攻略法ー失敗談ありー

てっぱく




鉄道博物館に何も下調べせずにいったら大失敗した話。

失敗したくない人にはこんな本もある!

2018年7月にリニューアルオープンした鉄道博物館の魅力がたっぷり詰まった一冊。既存の展示はもちろん、新しくオープンした新館の仕事ステーション、未来ステーション、歴史ステーション、車両ステーションも一挙に紹介!

講談社より

鉄道博物館が7月5日にリニューアルオープンしたので、行って来ました。

昨年からTeppa倶楽部(旧年間パスポート)に入り、3ヶ月に1回ペースで行ってました。

甥っ子3歳が小鉄なので、甥っ子を楽しませようと、行ってみたら、私も結構楽しんでいます。

旅行好きなので、電車を見るとなんだかワクワク

もともと、寝台に乗る目的で函館に行ってみる、新幹線の新型などには興味津々だったので素質はあったかも。

そんなリニューアルした「てっぱく(鉄道博物館)」をご紹介します。

整理券配布状況

てっぱくでは、大人も子ども体験できるコンテンツが人気。

むしろ、その整理券を求めて、休日は10時のオープン前から行列です。

過去2回休日に行きましたが、オープン20分前に着いて、一番人気「ミニ運転列車」の整理券は13時から14時の分でした。

今回は・・・・・・・

まさかの9:30オープン情報を見逃しており、すでに大失敗。

いつもより気持ち早めの、9:30に着いて、各シュミレーター、ミニ列車全ての整理券配布終了😱

夏休みピーク期も9:30オープン検討中とのことで、情報要チェックです。

楽しみにしていたE5シュミレーター・・・残念。

唯一残っていた運転士体験教室を13時予約しましたが、あまりの人の多さと暑さに疲労困憊

13時に帰宅することにしてキャンセル。

リニューアルオープン後の休日ということで、予想以上の混雑ぶりでした。

・夏休み中はオープン時間の確認を
・整理券配布の体験は、最低でもオープン30分前には到着を

整理券攻略ポイント

新館オープンに伴い、巨大化したてっぱく。

とてつもなく広いです。

整理券配布は、各体験場所。

例えば、ミニ列車とE5シュミレーターの場所は、約500mの距離があります!!

そのため、複数名同行の場合は、分かれて整理券をゲットすることをお勧めします。

ミニはやぶさ号

リニューアル後にできたコンテンツです。

これは整理券がないので、直接並んで乗ることになります。

11時から運行開始。

今回は、すべての整理券に降られたので、なんとしてもこれは乗らなきゃという意気込みのもと

30分前から炎天下の中、甥っ子をてっぱく広場で遊ばせつつ、並びました。

未就学児は保護者同伴で、1人200円が必要。つまり、未就学児は必然的に400円が必要になります。

遊園地などでよくある電車の上に乗って、ぐるぐる回るものです。

正直、もう乗らなくていいかな。

外並びなので、熱中症などには十分お気をつけください。

昼食情報

てっぱく内にもレストランが複数ありますがめちゃ混みでした。

リニューアルに伴い、フードコート的に気軽に利用でき、新幹線ビューも望めるビューレストラン

てっぱく内唯一のフルサービスのレストラントレインレストラン日本食堂などがあります。

どちらも11時の時点では、満席に待ちが出ています。

オープン前から行列です。

休日の昼食は、前もって考えておきましょう。

キッズカフェ

てっぱく内のレストランを利用したのは、ここのみです。

てっぱくバーガーセット(ポテト+ドリンク込)900円

他、メニューはこちら。

ここは、そこらのグルメバーガーに引けをとらない美味しさ。

てっぱくで何食べようか迷った時は、お勧めします。

もちろん、休日は行列必須。

こちらは、デザートなども充実しているため、1日中混みます。

11時前のご利用をおすすめします。

コンビニ

てっぱくの目の前にあるミニストップもおすすめです。

イートインスペースあり

お惣菜もデザートもレジ前スナックも豊富なので、皆が好きなものを食べられます。

また、食後にソフトクリームを食べたり、おやつやコーヒーを追加したり自由にできるところが魅力です。

ただ休日はイートインスペースがなかなか空きません

2回続けて振られています

ちなみに100m程離れて、セブンイレブンもあります。(イートインなし)

新幹線ラウンジ

3Fにある新幹線ビューのランチスポットです。

てっぱく内で売っている駅弁や持ち込んだお弁当などを食べるスペースです。

超間近で東北新幹線を見ることができるので、窓側の席は人気スポット。

ミニストップのイートインスペースの空きがないとき、ここでお弁当を食べました

窓際には、子どもたちが張り付いており、新幹線が通るたびに大歓声!

一番の人気はやはりE5系とE6系の連結車両でしょう!

ただし、休日は11:30頃でも満席です!

席数は多いのですが、新幹線ビューなので、昼食後も中々空かないときもあります。

大人の休憩所となっている場合もあり。

ランチトレイン

今回初めて利用しました。

ここは、食事のために団体、もしくは一般の方に開放しているスペースです。

クロスシートの座席で、まさに旅しているような雰囲気を楽しめます。

今回の訪問では、昼食場所探しに難航しました。

上記のどこも大行列。

さすが、リニューアル後の休日です。舐めてました。

あらゆる場所を巡り、エレベーター前のベンチしかないかーと思っていたら

ランチトレインもたまたま、席が空いたところに運良く座れた感じです。

ただ、やはり電車・・・狭いので、できれば避けたいなと思ってます。

駅弁屋

てっぱく内には、駅弁を売っています。

キッズに人気の新幹線弁当各種に、駅弁ランキングでも常連の牛肉どまん中弁当など。

ただ、この日は長蛇の列!!

おそらく30分以上の待ちが出ていたと思います。

私は、駅弁は高いので、弁当買うなら大宮駅ナカの方がおすすめです。

・休日は昼食は11時頃を目安に
・絶対てっぱく内で!という、こだわりがなければ、お弁当持参をおすすめ
・どうしても新幹線弁当が食べたい場合は大宮駅等で事前購入を
・てっぱく内を隅々探すとなんとか食べられる(座れる)ところはある

反省

リニューアル後の初訪問ということで、甥っ子ともども楽しみにしていたのですが、色々情報収集不足もあり、反省の多い訪問となりました。

しかし、年パス会員なので、これを糧にして、快適なてっぱくの楽しみ方をお伝えしたいと思っています。

夏休みは鉄道博物館へ行こう!新幹線+ホテルパック

鉄道博物館近くのホテルはこちらから

コメント

  1. […] 前回(参照: てっぱく失敗談 )の反省を生かしリベンジしたてっぱく! […]

  2. […] 鉄道博物館(てっぱく)を攻略法ー失敗談ありーread more…chezlize.com2018.07.16 […]

タイトルとURLをコピーしました