もうすぐ6度目のアフリカ大陸上陸

まいにちりず




11月10日から中央アフリカ共和国に渡航します。

アフリカ歴は、1回セネガル、4回中央アフリカ共和国です。

最初に行ったのは16年前の2003年大学生の時でした

「金夜に会いましょう」対談記事にそのときのわたしの写真を公開していますので二十歳そこそこの私に興味があれば課金くださ−い

セネガル渡航は、たまたま大学院の同期(当時JICA専門家)からのヘルプでした。

母子保健プロジェクトリーダーだった彼女の細々した雑務を担当(無償だけど渡航費・アパート代付き)

プロジェクトはフェーズ2に入っていましたが、ベースライン調査の集計などがてんこ盛りでした。

フランス語もままならない、調査のことも全貌もわからず飛び込んだ2か月でした。

空港についたらわたしの名前を掲げる怪しげな人(ただの送迎の人だったけど)についていくしかなくて

もうこのまま死ぬかも、拉致られるかもと超絶ビビりながら借りてくれていたアパートに到着しました

頼みの綱の友人は地方に出張にいっていて不在・・・

WiFiはパスワードがわからない

友人とも連絡がとれない・・・

絶望の淵だった気もします(笑)

でもあの2か月ですごくパワフルになれたと思う

そんな貴重な機会をくれた友人に感謝

セネガルで毎日ビール飲んで最強に太りました・・・爆
ジビテリエも大好きでした
羊肉と鶏肉とタマネグの炭火焼
最&高

その友人は結局セネガルに5年滞在し、帰国しましたが日本の組織に馴染めず・・・(分かる気はする)

今はモントリオール大学のPhDで学んでいます。

今回の渡航では、診療所の焼却炉をつくることが大きな目的!

ボランティアの整備士さんも一緒です。

私は、焼却炉制作、それに伴う買い物などの整備士さんと現地スタッフの通訳として行く(らしい)

通訳となれるようにがんばります・・・

就学支援では、新学年が始まったばかりなので子どもたちの勉強の状況を見てきます

クリスティアーノに会えるのも楽しみ

コメント

タイトルとURLをコピーしました